FC2ブログ

夜逃げ屋本舗仕様?

チーム過積載の皆様方の足元にも及ばないワタクシメでございます。
コメリ箱2段で長旅を愉しむワタクシとしましてはもう少し荷物が積め、走行安定性が増せばと常々考えておりました。法的にはコメリ箱3段も可能ですが、鋭いコーナーリングをキメるには(あの遅さで?)2段が限界。重量は、ほぼオッサンとタンデムしてるようなもの。そこでNewアイテムを導入するに至った次第でゴザイマス。
DSCN5354.jpg
後輪を外して
DSCN5355.jpg
上のボールジョイント付牽引具シャフトに入れ替えます。

後方ではこんな作業も並行して行い
DSCN5357.jpg
ほぼ完成
DSCN5360.jpg
サスペンションはガスショックの高耐荷重仕様。
(フェンダーを左右逆に装着したのは翌朝気付いた。)
クロスカブはシャフトの太さ&ネジ径が独特なので、再度シャフトを作成してもらうなんてこともあったりで本日最終組立をしました。

DSCN5365.jpg
ジョイント部分をバラして円柱状の金属とシャフトを装着します。ゴム製の輪止めを前後に噛ませてリムにロープを通しリアキャリア上で(正確にはコメリ箱上で)きつ~く結ぶと後輪が固定され、シャフトの抜き差しが楽です。

DSCN5366.jpg
再びジョイント部を装着。固定ボルトは黒い円柱に2本、円柱前が締付用で円柱真上がロック用。6mmのヘキサゴンレンチで脱着自由。

そしてトレーラー部を合体!
修正DSCN5368

で、早速テスト走行。
DSCN5371.jpg
どれくらいバンクさせたら片輪が浮くかカブちゃんを傾けてみましたが、ぜんぜん浮く気配が無い。さすがボールジョイントが効いてますな。左折時も大回りする必要を感じさせないほど普通に曲がる。縁石ヒットの心配ご無用!ただしバックは難しいんです。大型トレーラーのドライバーのスゴさをマジリスペクト。

試しに箱を2つ載せてみました。
DSCN5373.jpg

真後ろからだとこんな感じ。
DSCN5374.jpg
灯火類が見えないのでカブちゃん本体のコメリ箱上部にウインカーとストップランプを分岐して取り付けないとマズいかな?あとトレーラーにリフレクターもね。

今度からベースキャンプにトレーラーだけ残して、カブちゃん単体で冒険も可能となりました。\(^o^)/!

この状態で北海道ツーリングをとも考え、新日本海フェリーに料金を問い合わせると「2016年までは125ccバイク+自転車料金だったんですが今はサイドカー・トライク料金をいただいております。」なにぃ~!RTの料金より高ぇじゃねえか!「港でバラしてカブちゃんとリヤカーってことにして、トレーラーは人力で積み降ろしします。で以前の料金でOK?」って聞いたら「それならいいですよ。」との回答。阪九フェリーはもっとスゴくて「長さに応じた乗用車料金をいただいております。」ときたもんだ。それならキヤリイちゃんと同じじゃん。バイクで行く意味無ぇ~よ!で同じ質問をぶつけてみたらOKだと。
バラせば15320円が9570円になるならトレーラーを人力で載せるに決まってんじゃん。トレーラーを装着しての運転よりロープ付けて人力でトレーラーを引っ張りながらフェリーのスロープを登る練習をせねば。さあ明日から同じ傾斜の坂道探しぢゃ!








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒乱童子

Author:酒乱童子
釣りは鮒に始まり鮒に終わる。
バイクはカブに始まりカブに終わる。
より速くの方はここではなくサーキットへ。
より遠くの方のみに絞った内容でコザイマス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR