FC2ブログ

諸々の実験結果を実践

さすらいの氷点下萌え軽トラぢぢぃのワタクシメでございます。
ええ加減バイクに乗らないと中高年ライダーからただの歳食ったぢぢぃになっちゃうので、昨日カブちゃんを二段お重状態にして久住へ向かいました。
(ただR442を東に走っただけ)
DSCN5163.jpg
前輪が浮きまくり片手ではハンドルガタガタで走れません。
”お泊りツーリングは常時タンデム荷重!”
チッチッチッGIVIのサイドバッグに積載して重心を少しでも下になんて軟派なことはやらねーぜぃ。たった一泊往復200kmですから。連泊なら疲れを減らすためそれも必要ですが。

鯛生金山で真横から撮影してみました。
DSCN5167.jpg
駐輪状態でウィリー!サイドスタンドは一発で転倒するため使えません。小国のフレインで食料・お酒を調達してさあ久住へ。
92km走って到着しましたボイボイキャンプ場。
DSCN5170.jpg

DSCN5169.jpg
まだ完全に雪は無くなっていないようです。

DSCN5171.jpg
山々の雪も先っぽにちょとだけ。

DSCN5174.jpg
テントをチンタラ設営していたら陽も傾きはじめ。

DSCN5176.jpg
レッツ晩酌タ~イム!

DSCN5183.jpg
この寒い中ビール?
DSCN5182.jpg
KOVEAのヒーターを足元で燃焼させホッカホカ状態でチベタイビールをグビリとプハ~っ!甘露甘露。

でもその状態は長くは続かず外は氷点下目前まで気温が低下、こうなるとKOVEAではムリ~。
DSCN5186.jpg
Colemanのヒーターアタッチメントの出番です。ワタクシメのColemanストーブは五徳が五分割でフィットしません。
(名前の通り五徳なんですけど・・・。イワタニジュニアバーナーはシンデレラフィット!)
それに一回分のホワイトガソリンがイワタニのカセットボンベとほぼ同額なものでガスを選択。KOVEAは前にいる人だけで前室全体を暖めるパワーはありませんがColemanは下のバーナーの燃焼カロリーに比例して全体が暖かくなります。
※あくまでの自己責任の範疇での使用です。
カセットボンベの上に遮熱板も装着しております。
再度ホッカホカになったところでビールを。

ビールを飲み終えたころ気温は一気に低下。フライシートの結露が凍り始めています。ならば越後の辛口を熱燗で一献。のまえにオシッコ。
DSCN5191.jpg
普通の夜みたいですが空には満天の星。歩くたびに霜柱がバリバリっと。

熱燗を喉に流し込み体内から温め始めましたが、もうカセットガスに輻射熱当てて気化促進パターンでもあきまへん。
フライパンを準備し取り急ぎ味の素の冷凍食品「焦がしマー油となんちゃらチャーハン」600gでお腹パンパンマ~ン。
DSCN5189.jpg

プリムス2243をオリンピックの終わったお隣のお国から仕入れたブツで分離し、極寒用ウルトラガスでフルパワー!ゴ~ッという大音響と共にヒーターアタッチメントに穴が開きそうなくらいの燃焼が始まりました。上に載せたヤカンは熱の有効利用のため置いてます。ウィンドスクリーンを二段構えで立て後方に逃げる熱をシャットアウト。
DSCN5195.jpg
身体を温めささっと消火しヨヒココチで寝ちゃいました。

朝~っ!
DSCN5199.jpg
日光のパワーでテント内ヌクヌク。朝ごはんはトーストと珈琲で簡単に済ませて帰宅しました。

冬用火器類の実践お泊りツーリングでしたが、睡眠中はコレが威力を発揮。
DSCN5202.jpg
イスカの3レイヤーシュラフカバーでアリマス。幸い風があったため酷い結露はありませんでしたが連泊ならシュラフ乾燥時間が節約できます。
帰宅後思うに、「いくら暖房器具を充実させたところでスカートの付いた冬用テントじゃなきゃスキマ風快適な晩酌はできねぇ!」という結論に達したのでアリマス。一酸化炭素中毒の危険性がチラつきますが江戸時代ならもう死んでる歳ですしね。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒乱童子

Author:酒乱童子
釣りは鮒に始まり鮒に終わる。
バイクはカブに始まりカブに終わる。
より速くの方はここではなくサーキットへ。
より遠くの方のみに絞った内容でコザイマス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR