FC2ブログ

厳寒期用火器ゲット Part2

地面への影響からか焚火禁止のキャンプ場が増えてまいりました昨今、皆様いかがおすごしでせうか?
ワタクシメもネイチャーストーブやら焚火台やら持ってはおりますが凍えた体をすぐ暖めるには時間がかかりすぎるちゅーことで、またハングルの国からブツを仕入れました。
DSCN4911.jpg
中身はコレ。
DSCN4912.jpg

組み立てませう。(と言っても足を開くだけ)ガス繋いで点火しませう。
DSCN4914.jpg
お~!暖かい。しかしながら前にいる1名様のみ。火災&一酸化炭素中毒の恐れもあるため前室使用が限界でしょう。韓国仕様のため当然のようにカセットガス缶が使えます。そしてこーやれば。
DSCN4917.jpg
真上を向けて調理もできます。吹きこぼれたら反射板が曇るので保温程度が吉ですね。

今まで氷点下の朝、起き出してからの活動が非常にツラかったんですけどこれで快適になるわい。
しばらく暖機運転し、ガスカートリッジをひっくり返しても火柱が立ち上ることなくコントロールできないまま無事最大パワー燃焼に移行しました。
※あくまでも自己責任で!

そして昨日、初代クロスカブのグリップヒーターを破損させずうまく引っこ抜き保管していたものを、この頃の朝夕の寒さに負けて装着しました。あとハンドルカバーを付けたら、バイクの方も厳寒期仕様となります。
路面さえ凍結しなければどこまでも走れるぜぃ!

このヒーター以前イワタニプリムスブランドで売っていたヤツと瓜二つじゃんとお気付きの方もおられましょうが、そこはOEMという現代では当然のナニでして・・・。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酒乱童子

Author:酒乱童子
釣りは鮒に始まり鮒に終わる。
バイクはカブに始まりカブに終わる。
より速くの方はここではなくサーキットへ。
より遠くの方のみに絞った内容でコザイマス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR