FC2ブログ

ジャンキーですから?

トレーラー完全復活後、諸事情によりブログ更新をサボっておりましたワタクシメでございます。まだ生きてはおります。
DSCN5896.jpg
なんじゃこりゃ?フェンダーがビルダーさんから返送されてきた画像です。耐震動対策のためステーが二重になりました。
DSCN5917.jpg
泥はねと小石飛ばし状態からの復帰であります。なら早速出撃ってのは当然の流れです。

DSCN5929.jpg
またもやBOX満載です。タダ薪ゲットしに菊池経由でボイボイへ。

DSCN5930.jpg
タープ張って竹田のローソンへ買い出しに行き、菊正の樽酒・ホルモン鍋・ビニールに入ったおでんを購入して戻りました。

DSCN5938.jpg
焚火をほじくりながら飲みます。

DSCN5935.jpg
ローソンのおでんはダシがマイルドで菊正の樽にぴったし。シメは冷凍炒飯で寝落ち。

DSCN5941.jpg
夜明けはもうすぐ。

DSCN5944.jpg
陽が昇ります。日光のパワーは偉大だぁ。なぜって?

DSCN5945.jpg
タープの下に直接コットを置いて寝ていたんで寒くって。
これは11月半ばの出来事。

でカレンダーが12月(冬)に変わってすぐ、再びNewアイテムのテストでボイボイへ。今回は前回の薪が残っていたんでR442のみの走行。
DSCN5947.jpg
今回はちゃんとタープの下にカペラ75を設営。

テストアイテムその1。
DSCN5949.jpg
鹿番長製500缶用インクリーザー(ボケてますけど)。

テストアイテムその2。
DSCN5950.jpg
ユニフレーム製薪グリル(これもボケてますけど)。

この2つのアイテムをゲットした経緯は・・・。
イワタニジュニアバーナー用のインクリーザ―がそこそこ使えたので500缶用もイケるんじゃないかとスケベ心が出ちゃって。
そして薪グリルはこの前の野営時に他のキャンパーさんが初テストされていたのをみて物欲がコンニチハしちゃって。在庫なしの通販サイトだらけでしたがゼビオでゲットできました。

実験結果その1:鹿番長500缶用インクリーザー
はっきり言って飾り、春から秋までのノルマルブタンを最後まで使い切るアイテムのため極寒時には役立たず。お湯なんか沸かせない。Tガス使ってこれだからノルマルブタンガスじゃいかんとも。但し点火できれば弱火が持続するので保温だけなら可。極寒高山用Uガスが販売していない今、保温だけでもありがたいと思い使いましょうか。

実験結果その2:ユニフレーム薪グリル
こりゃ買って正解。以前のメッシュ焚火台では風向きが変わるごとに煙や火の粉が四方八方に行ってた問題が解決。三方に壁があり反射熱が前面に来るのでお一人様なら熱にムダがない、風の影響も受けにくい、おまけに焚火中に湯沸かしや調理も可能。普通の焚火台なら三脚で鍋・ヤカンを吊るさなきゃいけないもんね。ただ唯一の欠点は大鍋に対応するためと安定性のために後ろの壁が平面ではなく角度があること。薪を載せるプレートととの間に三角の隙間ができて真っ赤な炭が地面へ落ちないよう常時注意してなければいけません。それを防止するためオプションで薪載せプレートの奥に壁を垂直に延長する板があるんですが来年まで待たないと現在在庫なし。

そして9日、薪をゲットしに菊池経由でまたまたボイボイへ。ありゃ日曜日で工務店お休み、したがって作業中に出る木片の廃材ゼロ。結局キャンプ場の受付で500円の薪2束購入。先週あれだけ賑わっていたフィールドもワタクシメ一人だけ。ああ先週は土日で今回は日月だった。
DSCN5957.jpg
九重のお山は霧氷で真っ白、通過してきた瀬の本ですでに気温0℃。寒さが身に染みるんで早々に薪グリルに点火。

ホッカイダーの孫っちが来てるのでLEDスタンドを絵本読み聞かせ用に貸出中、仕方なくプリムスのガスランタンに点火。お誕生日のロウソクより暗い。じゃジェントスのヘッドランプNewタイプのスイッチをポチットな。点灯せんじゃないか!仕方なくいつもの旧タイプに変更。昔のものはイイ!派手な仕掛けもなくシンプルでしっかり使える。

晩酌を開始するやいなや気温は一気に氷点下。
DSCN5960.jpg
振り返ればタープの裏側まで真っ白に凍ってます。アルミのテーブルも凍ってカップがへばりついて大変!程よく酩酊状態に突入したし寝ちゃおう。満天の星空を眺めシュラフに潜り込んで爆睡。

夜中、おトイレに行こうとライトを手に取った瞬間、バサバサッとゴミ入れのコンビニ袋の音が・・・。またおキツネさまかおタヌキさまの来訪のようです。日本酒のつまみにレトルト牛スジ煮込みをいただき地面に置いてたからなぁ。ライトスイッチオンで遁走しちゃいました。尿意をやっつけたあと風で飛ばされないようテント周りをゴミ回収でウロウロ、しっかり牙穴の開いた袋類を見つけました。風でバサバサうるさいけどタープポールの上にぶら下げとこ。喉渇いたなってことで氷点下の中、クーラーバッグに入れていた適温のビールをグビリ。外に放置していたら手が張り付くぐらいに凍っていたでしょうな。標高1000mではクーラー類は凍結防止のために必要です。

朝、前回調子の良かった鹿番長インクリーザーとイワタニジュニアバーナーでもお湯の沸く気配すら見せないのでこいつの出番がついにきました。
DSCN5961.jpg
SOTOのストームブレイカー。氷点下ではやっぱガソリンだわさ。今回はエッグコンテナで卵を2個持ってきたんでベーコンエッグ作って黒瀬のスパイスをぶっかけ堪能しました。まったりとしすぎて出発は午後になっちゃって、ついでにコウヤマモータースにオイル交換のため回り道して暗くなったもんだから「お父さん凍死したんじゃないか?いつもは明るいうちに帰ってくるのに。」てな死亡説が流れておりスマホ見たら「もう一泊ですか?」ってメッセージも・・・。。バイク運転中にスマホは見れないズラ。玄関で娘に叱られました。でも極寒キャンプはやめられない。ジャンキーですから(?)










スポンサーサイト

Newアイテムのテストぢゃ!

毎度毎度ボイボイキャンプ場通いのワタクシメでございます。で今回はツーリングカテゴリーでなく野宿グッズでお送りします。
DSCN5859.jpg
トレーラーにプラスしてカブちゃん本体にも箱二段(二段目の箱は空っぽ)。今回はR442ではなくR3を南下します。Mr宅を過ぎて菊池市に入ってすぐの工務店さんで材木の切れ端をもらうためです。先日キャンプの帰りに「薪ストーブなどにどうぞ!自由にお持ち帰りください。」って看板みつけたもんですから。

DSCN5860.jpg
着いたでぇ。

まずNewアイテムその1
DSCN5862.jpg
アウトドアマンの間で有名なDDタープです。4m×4mを南米密林でゲット!ループがたくさんあっていろんなスタイルで使えるスグレモノのはずが・・・開封して広げたら、
DSCN5864.jpg
あ・油ジミがでっかく。裏は大丈夫か?
DSCN5865.jpg
油は通っていなかったものの見事な靴跡。でもタープはこれしかなかったんで設営しちゃいました。
DSCN5867.jpg

ココへNewアイテム2をブッコミます。
DSCN5868.jpg
コールマンカペラ75です。以前ご紹介したカペラ120を買ったお店でグランドシート付で激安だったんで道の駅こっそり野営用に購入してました。(フライが真っ赤じゃこっそりって訳にも)寝るだけならこれで充分。タープとフライで上からの冷気はダブルブロック!
機能も幅が狭いだけでほぼ一緒。あ、ポケットが入り口側に1つしかなかった。完全な一人用なんで当然っちゃ当然か。カペラ75も快適快適、その上小さくて軽い。(当たり前だちゅ~の!)

冷え込む夜に備えてNewアイテム3を準備。
DSCN5875.jpg
ずっと前ゲットしていたんですが使う機会を逸しておりまして。地面保護のためダイソーで購入した216円もするステンレストレーを置きました。そしてNewアイテム4のマックスブーストのポケットふいごを駆使する予定です。(画像は無いので南米密林を探検してね。)

ここでトレーラーを分離し竹田のフレインへお買い物に行きました。風邪気味だったので温泉は今回パス。

早速日没後、カブちゃん箱2段目に満載の木片を燃やします。
DSCN5879.jpg
暖かーい。燃料がタダだと思うと体感温度も上がります。ここで菊正の熱燗とローソンパック入りおでんでチビリチビリとやりますか。ってフルメッシュなもんで勢い良く燃焼しちゃってチロチロと焚火をつつきながらの晩酌が出来ねえ。横壁の無い焚火台、勢い良すぎてパーンと炭がはじけちゃってスリルとサスペンス。木材の消費の速さに供給が追い付かずハスクバーナの手斧とポケットのこぎりを駆使して丁度良い薪作るのに時間がかかっておでん冷めちゃって。仕切り直しておでん再加熱、雰囲気ある晩酌が楽しめました。フゥ。

あとは残った木片でまったりと焚火を愉しみますかな・・・、ところが隣の若者グループ(レンタルテント&タープだったから初めてか?)が22時を過ぎても木に登って奇声を上げたり写真撮ったり。思わず「ウルサイ!」と叫んでみましたが聞こえてなかったようで。ハイシーズンならどこからか石飛んでくるぞ。夜はテントのジッパー開閉音ですら大きく聞こえるもんよ。いびき・歯ぎしり・寝言・トイレに行く時の物音なんかは自然の摂理ゆえ一向に気にならないのに馬鹿な叫び声は静寂を求めて来た者には大迷惑。

翌朝、ベテラン勢は日の出と共に行動開始するんですがあやつらは遅くまで騒ぎすぎて静かな状態。
今のうちに朝ごはん作ろう。火の始末がたいへんなのでガスを使います。
DSCN5881.jpg
冷え込みを予想してイワタニのジュニアバーナーに鹿番長のインクリーザーだったっけ、とにかく燃焼熱のおこぼれをガス缶に伝えるブツを持ってきてヨカッタ~。勢いよく燃焼してくれます。

昨夜の焚火の跡はどうなった?
DSCN5883.jpg
黒っぽいとこも見えますが全てサラサラのパウダー状態。カブちゃん箱いっぱいの木切れが200ccカップ一杯にも満たない灰に変身。

朝食後タープ下のカペラ75はグランドシートがちょこっと濡れていただけなのでちょっと日光乾燥だけで撤収。紅葉のR442を走って帰宅しました。
修正DSCN5890

帰宅後、タープの販売業者さんにメールを送ったところすぐ返信があり代替品を送付するとのこと。フィールドではショックだったけど対応の素晴らしさに感動。気分回復!
また行こう。冷え込む晴天の日が連休ならいいな。










キャンプで踏んだり蹴ったり(デモタノシイ)

この時期キャンプしてるってことは秋の叙勲の対象から漏れたと実感しているワタクシメでございます。
フレーム破断、シャフト段付き摩耗を乗り越え不死鳥の如くよみがえったカブちゃん&トレーラー、早速いつものところへ行こうかい。
修正DSCN5836

R442を東へ向かうのみ。定宿ボイボイキャンプ場に着いてサクッとテント設営。
DSCN5837.jpg

DSCN5845.jpg
夕暮れの九重連山を愛でつつ、夕空を堪能。荒んだ心のぢぢぃは癒されました。

DSCN5846.jpg
お行儀悪いですがヘリノックスに身を預け「おつまみは小国か竹田どっちのフレインか?」と悩んでおります。検討の結果、竹田店に決定。帰りに温泉は入れるし。

温泉からテントまで10分、ホコホコおぢさんはピーナッツをつまみにビールを飲み干して、チーカマで菊正の純米からの具だくさん炒飯でシメる予定が、肌寒くノンノン?手がかじかむほど冷え込んできたんで外からテント前室へ戻ろうと下がった瞬間、フライパンひっくり返して大地に炒飯をご馳走してしまいました。残る主食はサトウの切り餅3個、結局焼いてお醤油付けておしまい。翌朝気付きました。
DSCN5853.jpg
テント入口のスタンディングテープが溶けてる。フライパンのヘリが触れたみたい。テンションかかるとこだからパーツ購入か?定価3諭吉越えのテントとはいえパーツ代3240円が頭をよぎる。イタイ、某所で新品1.9諭吉で売ってんのに。フレームを曲げたら即新品を購入予定。某所価格の7割もパーツ代に払えまっしぇ~ん。

翌朝、あまりの空腹にクーラーバッグに入れていたベーコン焼いて、とろけるスライス(雪印ぢゃないけど)にピザーラのソースぶっかけホットサンドにしてお腹パンパンマ~ンに変身してやったぜぃ。あ、贅沢にクルトンの入ったオニオンコンソメスープも一緒に。
DSCN5854.jpg
でパッキング終了。今回厳冬期用シュラフ収納のため後方のコメリBOXを1段追加しています。これでお荷物はすべて箱の中。(一番の世間のお荷物のアンタは?的ツッコミはご不要です。)これによりテントを乾燥させなくても濡れたまま丸めて隙間にブッ込むことができます。

で、オシッコしに瀬の本レストハウスに寄ったら、右フェンダーがプランプラン。
DSCN5856.jpg
ステー破断してました。ツーリングの度、どっか壊れるんだからぁ~。

DSCN5857.jpg
お家に帰ってコメリパワーで適当なL字アングルを買ってきてフェンダーレス化。これによりワイドなBOXも積載可能になりました。
しか~し、フェンダーカットおよびレス化を小さなお子様や後続車に小砂利をぶつける悪魔の所業と位置付け忌み嫌うワタクシメとしてはいかがなものか?でも、「キャンプ行こう!」のルンルン気分が脳裏をよぎって・・・。

今回の無駄な出費は以下のとおりです。
1.具だくさん炒飯108円
2.コールマンワイドツーリング130のスタンディングテープ3240円
3.お餅を焼いたアルミ製プライパン500円(空焼きで加熱のため変形)
4.トレーラーのフェンダー????円
酔っ払って行動すると、節約のためのキャンプが浪費行動になりますな。








カブちゃんトレーラー復活・・・。

明け方の冷え込みキャンプ萌え~のワタクシメでございます。
調整に出してたトレーラーシャフトが戻ってきました。これからキャンプ行っちゃうぞって前にテストせねばなりません。
ベストな方法は走ってる自分のトレーラーを後方から肉眼でチェックなんですが、自分一人ではそれもできず映像機器頼みでやってみました。
DSCN5831.jpg
走行中に発生する異音を聞き取るためおばちゃんヘルを被ります。耳のとこスカスカで聞こえやすいんです。

シャフトは今回1mmサイズUP!それに伴いベアリングコアも交換してもらっています。
DSCN5832.jpg
塗装が黒で分かりにくいですが緩み防止のためダブルナットです。

DSCN5833.jpg
ジャッキアップして手で回し確認してみると右ホイールのブレが左に比べて大きい。これについては再度バラシて中古ホイールゆえのブレか取付の微妙なズレなのか確かめてみなければなりません。前者の場合、ロングナットかホイール裏側に溶接してあり新品に交換できないので騙し騙し乗りますか。


まずはテストライダー見つけて後方から肉眼で確認じゃな。

あくまでもテスト、野外晩酌にあらず!

トレーラーレスの痛手から立ち直れそうにもないワタクシメでございます。
この間の結構冷え込んだキャンプが忘れられずまた行っちゃいましたボイボイキャンプ場。今回はほぼ定価でゲットしたワイドツーリングドーム130を激安で売っていたコールマンショップで衝動買いしたトレックドーム カペラ/120のテストでございます。購入価格はやはり激安です。ちぇツーリングドームもこの価格差だったぜい。

R442を東へ向かいお馴染みのキャンプ場。
DSCN5818.jpg
荷物降ろして設営準備。前回の朝露地獄の反省により上にタープ張っちゃいます。
DSCN5819.jpg
ほ~れ!って実験にならんのでは?って意見は無視、快適な晩酌環境を最優先に設営しております。

DSCN5820.jpg
金色(こんじき)に輝くジュラルミンポール2本をグロメットにハメてインナーを立ち上げ短シルバー(いぶし銀)のポールを天頂部に通しフライ被せたらおしまい。
DSCN5821.jpg

DSCN5824.jpg
さすがトレッキング用テント、か・軽い!2kgとワイドツーリングドーム130の3分の1の重さ。軽量化した分はタープ用のスノピの重たい鉄製ペグで±0になりましたが。

前後に出入り口はあるものの、片方はフルメッシュにできません。上部が小さな三角状態でメッシュのまま。
温泉入ってチベタイビールで下地を作り、ハフハフおでんと熱燗で黄泉の国へ。今回は珍しく炊飯しちゃいまして酩酊状態のまま米1合炊きました。おかずは98円の鯖缶。うまし!

やっぱインナーに上部ベンチレーションはよろしい。内部結露がほぼ無い。
DSCN5825.jpg
朝の九重連山。朝ごはんは非常食の在庫を処分します。味の素の鮭がゆと白がゆ。

修正DSCN5826
食べながらお隣さんを眺めておりますと高級ブランド、テ・テンマクデザインのテントではないか!薪ストーブがインストールされておる。
ワタクシメのテントもただの太い針金ではなくY字アルミペグじゃ!と~だまいったか。
DSCN5827.jpg
ボケておる(画像が。)む・空しい・・・。

DSCN5828.jpg
お片付けして帰宅しました。

今回使用したテントは前後入り口部分が底辺真横と縦斜めの直線2本ファスナー(ワイドツーリングは前方入り口だけ)、Dの字にぐるっと開ける1本ファスナー(ワイドツーリングの後方がこの方式)よりトラブルが少ない。さらに入口側の底辺真横つまみがマグネットになっていて途中でインナーの壁に埋め込まれた金属にくっ付けられる仕組み。これにより底辺部に30cmくらいの切れ目ができて換気はばっちり。スカートがないとはいえ厳冬期も使えるのではという期待が持てました。スノピのアメドカラーテントが林立するフィールドで真紅のフライはわかりやすくてよろしい。
ロングツーリング時に毎回キャンプ場という訳にはいきません。ちょっとしたスペースをお借りして野営ならカペラだな。
















プロフィール

酒乱童子

Author:酒乱童子
釣りは鮒に始まり鮒に終わる。
バイクはカブに始まりカブに終わる。
より速くの方はここではなくサーキットへ。
より遠くの方のみに絞った内容でコザイマス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR