FC2ブログ

お手軽キャンプのシーズン到来

来週は北の大地へ旅立つワタクシメでございます。冬へ逆戻りでアリマス。
その前に、焚火も電子蚊取りもいらないベストシーズンにキャンプ行っとこ。夜勤明けで朦朧とする中、装備から冬アイテムを抜き取ります。シュラフもモンベル#4でよかろう。コンプレッションバッグで圧縮すると、ち・小さい。トレーラーも焚火グリルやら薪やらないんで軽っ!
DSCN6417.jpg
上側の箱のフタを水色に替え日光による温度上昇を低減させる賢い作戦ぢゃ!

R442をサクッと走り、定宿ボイボイキャンプ場。
DSCN6418.jpg
冬枯れのサイトが青々と、久住連山も初夏の装い。

DSCN6419.jpg
カフェ側にテントを設営すると阿蘇五岳が見えるんですが水場とおトイレが遠すぎる。
やっぱぢぢぃはおトイレ近くが吉ざんす。

DSCN6421.jpg
ハンドル付近からぶら下がってる巾着袋には孫っちに破壊されたモバイルバッテリー兼卓上スタンドの2代目を充電しております。
lantern.jpg
コレ結構エエです。先代が携帯電話型だったんで吊り下げが難しく、ヘッドランプが必要だったんですが、これなら上に吊るせばOK。明るさも3段階で最弱なら連続100時間使えるしスマホも充電できちゃう。
(画像はAmazon様より拝借)

テント設営してトレーラーを分離、3km先の温泉へ。汗を流してサイトに戻ると夕空がキレイ。癒されますな。
DSCN6428.jpg

では早速・・・。
DSCN6433.jpg
ビールを飲んでフライパンに軽く油をひいて~こてっちゃんと野菜を炒めます。1リットルほど飲んで日本酒にスイッチ。
イワシの旨煮缶を温めておつまみに。シメは面倒だったのでカップうどんにしちゃいまして爆睡。
途中1時頃目を覚ましました。喉がヒリヒリ?こりゃスゲー勢いでイビキかいてたんだなとポカリスエットで水分補給&タバコ&オシッコ。

遅めに起きた朝は珈琲で始まる。(CMか?)
DSCN6434.jpg

昨夜、酔っ払って作らなかった肉まんを軽く油をヌリヌリしたホットサンドメーカーに挟みます。
DSCN6436.jpg
外はカリッと中はジューシーなんですが、いかんせんロゴマークが似合わね~。

家の冷蔵庫から失敬してきたブランド卵を焼きませう。
DSCN6437.jpg
黒瀬のスパイスぶっかけて味付けしてズルっと喉に流し込みます。ここはご飯炊いて味噌汁作って目玉焼きにはお醤油をかけ伝統的な朝食と行きたいとこですが高原の曇り空では降雨の心配があるため撤収を急がねばなりませぬ。炊飯に時間を取られてはならんのぢゃ。誰かご飯炊いてくれ~。
ワタクシメキャンプの場合、テントはくるっと丸めて家で乾燥パターンです。そのためのスペースは常時確保しています。(濡れていないインナーはフライと別場所に)キャンプ場できちんと畳んで収納袋にって面倒なことはいたしません。泥や草だらけになっちゃいます。二人以上なら端っこ持って地面から浮かせて撤収もできましょうがソロなら無理。雨で濡れたテントならなおさらです。
帰り道、瀬の本に寄ったら旧2号機CBRの新しいオーナーさんと会っちゃいました。話し込んで昼になったんで帰りはここで蕎麦をたぐりました。
DSCN6438.jpg
旨かった。現場からは以上です。















スポンサーサイト

韓国カブちゃん電源取り出しパート2

むかーし昔、大きな充電用アダプタを両脇に抱えフェリーの洗面台や旅館のコンセントを占拠しておりましたワタクシメでございます。キャンプなら充電できずに「ハイそれま~で~よ~♪」もいい思い出でした。
ところが今や大抵の電子機器が走行中にUSBで充電できる便利なご時世、シティコミューターにと買ったつもりの韓国カブちゃんもすっかりロングツアラー化しちゃって現在リレーを介して取り出せる電源はシガープラグ1個とUSB1個、気温が急降下する荒れたオホーツク海沿岸を流すにゃ電熱ベストとグリップヒーターの同時使用が必要なので電源取り出し口を増設することにしました。
修正DSCN6404
使用しますのはニューイングのDCステーション、画像はその裏側です。小ねじでフタが留めてありこの中に管ヒューズが入っています。以前、石狩地方を走っていた時にヒューズが留め金から外れかかり本体上部を叩いて通電させながら走らねばならないというエライ目に・・・。つまり簡単にフタにアクセスできないと困るってことです。付属の強力両面テープ固定じゃヒューズトラブルに対処できん。

DSCN6405.jpg
そこでデイトナのマルチホルダーバーのステー中間に開いている6mm穴にコメリで買った318円のアングルを固定しました。
1番目と3番目の穴を使ってタイラップでDCステーションを取り付けます。DCステーションの本体後部の穴とま~るく縁取られた左右シガーソケット穴の真ん中にタイラップを通せば誰でもステーのセンターに固定できます。ただしタイラップは黒色屋外対応の幅3.5mm以下、長さ25cm以上が必要となります。20本入りで充分だったのに近所のホムセンに200本入りしかなくて仕方なく購入、使い切るまで何年かかるんぢゃ?

DSCN6406.jpg
リレー周りは最初につけたDCステーション+とLEDサブライト左右、今回のDCステーションダブル2でごちゃごちゃ。

DSCN6407.jpg
他の車両にも流用するため、切らないでそのままの長すぎる配線をまとめたハンドルポスト付近は・・・?まさに臓物状態!

じゃーん!
DSCN6409.jpg
ステー幅が1.5cmしかない上に、タイラップ固定でユラユラしますが走行中に落ちなきゃいいし、器具を抜き差しするときは本体に手を添えてやりゃいいだけ。これでUSB機器だけならアダプター使って7品同時充電可能になりました。シガープラグ機器なら3品+USB1品。クロスカブちゃんは純正グリップヒーターがあり、シガー2口のみで何とかなります。デイトナの巻き付け式USBグリップヒーターの95mm幅(現在は105mm幅のみ販売)がデビューさえすれば今回新設したDCステーションは外してもシガー1口とUSBだけでもイケそうです。
韓国カブちゃん購入時は前後キャリアに籐製のカゴを装着しクロムウェル風のヘルメットにゴーグルで”渋いぢぢぃ”を演出したかったのに、根が貧乏性なもんで「クリープを入れない珈琲なんて野宿ツーリングに使えないバイクなんて!」が頭をよぎり、この有様。

※おことわり
「ウインカーやホーン、ブレーキランプ配線から電源を取ると本来の機器が作動する際に電圧が変動するのでスマホなどの精密電子機器にはよろしくない。」というまことしやかに囁かれている噂を信じて電源をバッテリーから取り出しオンオフをリレー信号で行っています。この手の作業はあくまでも自己責任でお願いね。



最西端も制覇(2回目だけど)

昨日南から帰ったら今日は西です。大川市を抜けてR444をまっすぐ進みます。
修正DSCN6364
予想では給油なしで往復できるはず。

DSCN6365.jpg
ノンストップで伊万里まで走りCoffeeBreak。

佐世保市に入ると「むむっ?グーグルマップのナビが動いとらん。」触っているうちに画面がブラックアウト。充電は98%なのにどうして。4年前に来た記憶を総動員して何とか到着しました。
DSCN6369.jpg
家から107.1km、晴れていたんで楽でした。

DSCN6372.jpg
青い水面って癒される~う。

DSCN6387.jpg
急坂はぢぢぃにはキツいので海中遊歩道で突端まで歩きます。

これがモニュメント。
DSCN6374.jpg
バイクを前に置いて撮影はムリ。

なぜかって?
DSCN6383.jpg
徒歩でしか行けないんです。バイクは看板前の駐車場に置いてね。

お手洗いしかないんでそそくさと進路反転、途中Dreamでオイル交換して無事帰宅。47日で3000kmペースは他の2台に全然乗らなかったからです。237.5km走って燃費65km/リットル、長距離とはいえ気温が低かったことと信号停車の回数が多かったことが70の大台を割り込んだ原因のようです。夏の炎天下はどれだけ伸びるかタ・ノ・シ・ミ。
さあ北と東の制覇準備開始ぢゃ!




日本本土四極制覇再び

世間では10連休がどうのこうのと騒がれておりますが、そんなの関係ねぇワタクシメでございます。たまたま10連休前に連休いただいたんで「家にあるバイクを全て日本本土四極へ連れて行こう!キャンペーン」第一弾を行うこととなりました。クロスカブはすでに達成、RTの未達は南と西のみなので高速飛ばせば2日でイケる。
それじゃあ下道上等!(ってか下道しか走れない)韓国カブちゃんで南下しました。
DSCN6311.jpg
25日午前11時、自宅を出発。

R3を下り熊本市内のココでお昼ご飯。
DSCN6313.jpg
醤油ラーメンセット(ラーメン+ミニチャーハン)&ニンニク抜き餃子を食し、再スタート。

DSCN6316.jpg
16時過ぎには鹿児島県へ。

出水からR328を走り、本日のお宿へ到着。
DSCN6320.jpg
お宿から通りを撮ってみました。ここは天文館、シャワー浴びて○○○に歩いて行けるトコ。

カブちゃんの燃費が70kmを超えた祝杯をあげねばなりません。
DSCN6323.jpg
ジンリッキー→響(ロック)→バランタイン17年(ロック)→サントリー青(ハイボール)→ラフロイグ(原液)で出来上がり。
このツーリングで使ったガソリン代の3倍を人体燃料に使っちまったぜぃ~。ワイルドだろ~。
DSCN6326.jpg
酒でお腹を満たした翌朝は、朝食が食べられません。(うぷっ!)さあ出発!(うぷっ!)

DSCN6327.jpg
錦江湾をぐるっと回る余裕はないので、桜島フェリーでショートカット。

DSCN6336.jpg
そして最南端到達。木製の看板が石造りのモニュメントになってるじゃあ~りませんか。

その先の岬へ続く歩道トンネル前には立派な建物が。
DSCN6350.jpg
そこから撮った灯台もオツなもんでげしょ。(ガスってましたけど)

DSCN6353.jpg
帰り道、海の中の神社発見。満潮時は行けなくなるんでしょか?

霧島市を抜け、おしっこ&おタバコ。
DSCN6356.jpg
グーグルマップのお導きによりR3を海側に避け、八代と熊本市内をパスして無事帰宅。
今回の発見は、韓国カブちゃんなら自宅から250km離れた鹿児島の天文館まで無給油で走れること。この季節なら佐多岬から338km離れた自宅まで10時間かけてイッキに走れる体力がワタクシメに残っていたことでしょうか。
※スコッチ控えときゃ400kmは走れたな。








LEDでもそれほどじゃないのです。

シティコミューターとして活躍中の韓国カブちゃん、灯火類が直流です。キーを捻るだけで点灯!JA10クロスのようにエンジンかけなきゃテールランプやメーターランプが点かないってことはありません。これだけでも夜間駐輪中に追突されずにすみそうです。でもヘッドライトはポジション点灯だけでエンジンかけないと点灯しません。仕組みは不明、たぶんバッテリー保護のためかな?BMWもエンジンかけなきゃ点かないんで。CBR125Rはセルが回ってるときだけ消灯していたんで良かったけどキャンプツーには不向きだったし。
やはりテントサイトでエンジンかけずに投光器代わりに使いたい。
(シティコミューターじゃなかったんかい!)
初めての道であの提灯程度の明るさは怖い。
(LEDになれば格段に明るくなるってのは幻想)
そこでクロスと同じくサブライトを増設することにしました。
DSCN6298.jpg
カバーだらけの韓国カブちゃんではライトぶら下げる場所が無いんで前カゴの取り付け金具を市販のアングルに変更。

DSCN6300.jpg
そこへキタコのLEDシャトルビームを左右に装着。

DSCN6301.jpg
ほ~れ完成。アングルがカゴからハミでてるんで通行人が引っ掛かると危ないと思い金切鋸で1節カットしました。

DSCN6302.jpg
金具のバランスも取れて明るいじゃん。

DSCN6303.jpg
常時点灯もバッテリーに負担かけるんでデイトナの貼り付けスイッチをセルボタンの上に装着。微妙に平面じゃないんで浮いてますが無いよりマシ。ホームセンターで買った6ミリ穴開きアングルにキタコの取り付け金具がジャストフィットでしたが、形状がコの字型のため左右に首振りができなかったんでロングボルトに替えてアルミのスペーサを噛ませ浮かせてます。

翌日、取付位置をカゴの後ろ側に変えました。市販アングルの穴は〇ではなく、5cmくらいの幅があるんでフェンダーに近づけてカゴに荷物を入れれば上方向へのグレアは軽減できるんじゃないかな。クロスの場合はハンドルポスト付近にパイプ装着スイッチを付けてたんで厳冬期はハンドルカバーから左手を出して操作が必要で頻繁にオンオフできないんで対向車対策として下向きでしたが、これなら上向きにして対向車がいなくなればすぐに点灯ができるな。
シティコミューターじゃなかったんかい!






プロフィール

酒乱童子

Author:酒乱童子
釣りは鮒に始まり鮒に終わる。
バイクはカブに始まりカブに終わる。
より速くの方はここではなくサーキットへ。
より遠くの方のみに絞った内容でコザイマス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR