身体1つにコットが5つ、おNewコットでカブツーリング


ヘリノックスのチェア1を買ってから快適旅にはコンパクトでかっちょえぇ~ファニチャーが不可欠と日々考えている昨今、カブ主の皆様いかがお過ごしでせうか?一昨日(カレンダー上では3日前)からワタクシメ四国に行っておりました。
修正DSCN4119
久しぶりの二段お重、この下段にはKOVEAのコットが入っています。今回これを使い倒そうと夕刻自宅を後にしました。

DSCN4120.jpg
月明りの中、船は愛媛県三崎港を目指します。
乗船時間に滑り込みセーフ状態でリアボックスにはインスタント食品しか入っておりません。また八幡浜まで買い出しかぁ~トホホ。月明りの海は神秘的で萌え~。
DSCN4124.jpg
ブレとるじゃまいか!

半年ぶりの三崎港。上陸してR197をちょこっと走りますと・・・。
DSCN4130.jpg
ローソンができとるやないの!今まで佐賀関のファミマでお買い物するか八幡浜のローソンまで買い出しに行って逆戻りしていたのは何だったんだ?佐田岬半島で野宿する皆様、空荷でもOK!24時間食料とアルコールの調達が可能となりました。

第一夜は無理せず道の駅伊方きらら館で軒下泊。風があるんでコッテンは使いません。
(すんげー強風。チェア1は朝起きたら凄い距離移動していました。)

今回初投入のコットはコレ。、KOVEAのビビットライトコット。ヘリノックスのコット1にオプションの足を取り付けた値段の3分の1。
このKOVEAという会社、キャンプやアウトドアが好きなお方なら日本の有名ブランド○○○やら☓☓☓の器具を製造しているのは周知の事実。まねっこが得意な4000年の国製より信頼性はあるアルヨ。
DSCN4139.jpg
コレから中身を取り出しますと。

DSCN4138.jpg
コット座面の生地、メインフレーム、脚2組が出てきます。(ピンボケですけど)

足にはテントポールよろしくゴム紐が通してあるんであっという間に足が完成。
DSCN4137.jpg
メインフレーム(同じくゴム紐入り)をコット生地両脇のスレーブに通し、脚上部の黒いパイプ受けプラスチックに8ケ所パチンパチンと差し込んで完成。結構パーンとした張り心地。寝心地も良いっす。

セッティングが終われば晩酌の始まり。
DSCN4135.jpg
明るさでお判りでしょうが分解写真は朝の撮影です。夜は風が強すぎてどこ飛んで行くかわからない状態だったもんで。

今一度風で飛んで行った諸々を集めて朝再度撮影。
DSCN4136.jpg

朝食を終え目指すは道後温泉。
DSCN4141.jpg
コラコラ温泉の噴出口に向かって仁王立ちのおとーさん。浴槽に入ってる皆さんはおとーさんの股間経由の温泉になってますよ。ドゥ ユー ハブ コモンセンス?ダイナマイトバディのキレイなおネイさんでも許されぬ行為ぢゃ!ワタクシメなら許すカモ?
DSCN4143.jpg
仁王立ちおとーさん撤収後、冷え切った身体を温め直します。入り口で小っちゃなみかん石鹸とシャンプーを買ったんですが(各40円)シャンプーはともかく石鹸が減らなくてモッタイナイ、オッサン4人組までくらいなら使いまわしできるでしょう。ビニール袋持ってなかったんで捨ててきちゃった。

サッパリしたあとはR317で山側から今治に向かいます。市町村合併で松山市のお隣が今治市。しまなみ海道原チャリ入り口から来島海峡大橋へ。
DSCN4145.jpg

DSCN4146.jpg
二段お重のカブちゃんは横風にフラフラしながら走ります。

ビビった後、道の駅へ。
DSCN4151.jpg

DSCN4150.jpg

2つ目の橋の途中から見近島へ。
DSCN4152.jpg
ゴルフの練習をしていたハーレー乗りのおじさん(今日はスクーター)とひとしきりお話ししてさよならしたら”し~ん”。お話し中に同じ黄色クロスカブが来てすぐ引き返したんで来島者は管理の方以外はワタクシメも入れて午後から3名のみ。

ほんとは尾道経由でR2~R3~R200コースで頑張って走ろうと思ってたんだけど結構寒いし断念して諸々宿泊準備。
修正DSCN4153
もうすでに定番のおつまみホルモン鍋が加熱中ですが。

ビールと焼酎で酩酊し夕方5時から記憶プッツリ。なせか朝が来てました。
DSCN4160.jpg
このボケボケ写真撮影はAM1:29となっていますが撮影した記憶がない。オシッコに起きたのか?

すがすがしい朝、(そりゃ13時間も寝てりゃそうでしょうけど)
DSCN4156.jpg

DSCN4159.jpg

移動ハウスセットを乾燥しつつ朝ごはん。
DSCN4162.jpg
AGFの鮭がゆうましっ!はよかったけれど昨日買っていたおにぎりに気づいて「昼までは鮮度が・・・?」で無理矢理お腹の中へ。うぷっ。

DSCN4167.jpg
タープもあったんですがいかんせんココも強風で管理棟の屋根の下に収まっておりました。

今治まで戻ってR317~R196~R56~R378~R197の定番コースで三崎港まで走ります。いつも気になるんですがR378へ曲がる際に見えるこの看板。
DSCN4170.jpg
バナナがイチ押しなのにどうして手にメロンと大根が?

フェリー12:30の便にギリギリセーフ!(行きもギリギリでした。)
今回新造船、とってもきれい。
DSCN4176.jpg
ギリギリでホンモノ撮影できず。

さようならじゃこ天半島。
DSCN4174.jpg

煙突が見えればもうすぐ到着。
DSCN4181.jpg
九州上陸後R197~R210日田で焼きそば食べて無事帰宅、走行距離662kmでした。
佐賀関と佐田岬に架橋をってポスター見ましたけど実現したら高速専用道だろうなぁ。歩行者・自転車・原チャリは切り捨てられるのかな?カブちゃんで4700円程かかる往復のフェリー代より高かったら使わないだろうなぁ。

※肝心のコット使用実験結果です。
展開時大きさ 190☓63☓37cm
収納時大きさ  52☓20☓20cm
本体重量3kg 耐荷重150kg
低温時には幅が80cmを超えるワイドコットじゃないのでどうしても両脇のメインポールに肩や腕が触れます。長時間触れたままだと外気と同じ冷たさで目が覚めちゃいます。ミイラのように上向いて微動だにしなければダイジョブ。

カブちゃんまでカバーするタープの下に設置すれば高床式住居ゆえタープ以外は濡らさず諸々撤収・出発準備可能なんですがすべてのサイトがペグ打ち可能な地面やロープが使える木々があるとは限りません。ど~したもんぢゃろの~?
スポンサーサイト

荷物を省く最初の実験には省く荷物も持っていきましょう。

昨日カブちゃんの洗車をしておりますと小雨がポツポツ。この冷え込みなら実験に最適だわいと軽トラックにまた車上泊のお家を積んで黒川温泉方面へ向かいました。

穴湯でまったり。
DSCN4114.jpg

牧ノ戸峠では風が強すぎると判断し瀬の本駐車場に停車。
ここをキャンプ地とする!
で晩御飯の用意にかかると・・・。
DSCN4115.jpg
雪がチラホラ。

今回の実験はモンベルのU.Lコンフォートシステムパッドを使用せずテントコットに入ってるパッドのみで極寒の地で一夜を過ごせるか?でアリマス。
省くパッドはこれです。
DSCN3777.jpg

問題:前々回牧ノ戸峠では氷点下8℃でもモンベルのパッドのおかげで眠れました。
   さて若干標高の低い瀬の本で敷きパッド無し、さ~どーなる?

答え:冷え切った体温を回復できずに途中で目覚める。

コット下の冷気がまさに”生気を吸い取る”かのごとく床面の温度を奪っていきます。手袋はめてジャケットのフードも被って再び眠りますが1時間程度でまた寒さのため目を覚まします。上を向いてるお腹側はあったかいんですが床面に接している背中側はそりゃもうあなた。うつ伏せになっても横向いても下側は冷え~っ冷え。
「生命はプライスレス。いよいよの時は運転席にヒーターガンガンで。」と車上泊ぢぢぃにあるまじき行為も頭をかすめます。

で極寒の夜が明けました。
DSCN4116.jpg

DSCN4118.jpg
死ぬほど冷たいけど死んで本当に冷たくなっていない。「アリガタヤ、アリガタヤ。」

ここでエンジンからデータを拾い出してクーラントの温度を測ります。い・い・い・1℃!
これまで雪道遊び等々冬の阿蘇・九重で行いましたが最低記録更新!
(明け方どんだけ冷え込んだんぢゃ?)
冷え切った体をまた穴湯でホコホコと温めてお家に帰りました。
極寒の高原、U.Lコンフォートシステムパッドを持ってきた上でコレ無しでイケるか?イケないか?実験すべきでした。
たかが2.5cmされど2.5cmパッドの効果は絶大でゴザイマス。

※よいこはぜったいにマネしちゃダメですよ!




早起きは三文のおトク

昨日まったりとしていた休日の午後「あっ!今月RTの車検だった。」と気付きましてインターネット予約サイトにログインすると本日の検査予約終了のマーク。え~い品行方正どノーマルなんで明日仕事前に行ってやると夕方までに関係書類・印紙・新自賠責・ロービーム隠すための段ボールを用意しまして朝8時過ぎに陸運事務所へ出発。フフッ検査レーンの一番前に並べられたぜぃ!
で9時ちょうど検査開始。車体のサイズを測られ、各部のボルトを検査用ハンマーで叩かれ、ホーン・ウィンカー・ストップランプの電装点検。レーンに進んで排ガス検査、スピードメーター検査、前後ブレーキ検査を終了し合格印もらったのが9時10分。どノーマルはラクでいいっすね。


DSCN4108.jpg
Newデザインの有効期限シールと2年後またおいでねの車検証をもらってお家に帰ってきました。前の車検から走った距離は9000km、新車から3年間最初の車検時には51000km走っていた頃に比べれば何というていたらく。で諸々の領収を確認しておりますとお安くなっているではあ~りませんか!2年前との差額は自賠責が4月以降効力発生のため新料金になり2120円下がったことと申請書類60円がタダになったことそして1枚40円もする点検記録簿を検査後整備ということで購入しなかったことと合わせてトータル17020円でした。4月からの~250cc自賠責12220円と比べましてもプラス4800円。これなら法定費用も負担とはなりませぬ。しかし部品と工賃の高いことといったら流石独逸製涙がちょちょぎれます。

検査官サマより最後に「ウィンカー球のオレンジ色が褪せてきてます。次回は新品に交換してくださいね。」とコメントをいただきました。ひょっとして褪色ではなくてコレが原因か?
DSCN4111.jpg
純正のポジションランプが切れたもので持っていたオレンジ色の濃い球に替えたもんだから薄く見えたのか?今度お店で新品と比べてみよう~っと。おっきなバイクはガソリンを大量消費するので法定費用だけでも安くあげないと。あ~お金欲しいッス。

お泊り用椅子を新調しました。

金曜日バイク用品のテストではありますが時間の都合上仕事が終わってそのままキャリイちゃんで氷点下の瀬の本へ向かいました。

牧ノ戸峠を超え温泉を堪能し寝床を用意。ここですでに午前3時今から晩酌(朝酒?)
DSCN4095.jpg

今回風でバサバサ音のするフライシートは使用しません。氷点下7℃の空にはこんなに星があったのか?と疑いたくなるような素晴らしい満天の星空。その空の下189円で買ったセブンイレブン袋入りおでんを加熱し菊正の樽酒をグビリと。カ~ッ旨い、しみるなあ~てな具合で純米酒にスイッチしシメはおでんに餅ぶっこんで湯気の中からヘッドランプだけ光ったアブナイおやぢは酩酊し寝ちまいました。

目覚めたのは日も昇り切った午前10時。
DSCN4098.jpg

良い天気なので現地でシュラフとコットの乾燥を終わらせます。
DSCN4101.jpg

イケナイ♡タイトルは椅子のテストだったわ。カブちゃんでのお泊りに使っていたコールマンの接地部分が割れたのでモンベルショップで昨年末購入していたものでアリマス。
DSCN4103.jpg
長さは30cmチョイなんでバイク積載は問題なし。

DSCN4107.jpg
このフレームにはゴムひもが通っていてテントポールみたいにカシャンカシャンと簡単にこうなります。
DSCN4105.jpg
そこにこの布切れをセット。
DSCN4106.jpg
するとこうなります。
DSCN4104.jpg
小さく軽くてデブでも耐える耐荷重性能、見近島で他のカブちゃんライダーさんが使っておられたのでワタクシメも購入したのでアリマス。で遅めの朝ごはん。
DSCN4099.jpg
珈琲とクロワッサンって中高年おやぢがキモっ!

次は小さくなるコットをゲットしましょう。お昼に帰宅しPCで南米密林を調査。我が家にある5台のコットのうちコメリ箱に入るのは(斜めにしてやっと)1980円のローコットだけなんで同じヘリノックスのコットを・・・、高っ!本体も高いがハイコットにするためのオプションの足が9500円ですと!市井の民のツーリングはもうちょっと地面とお友達するしかなさそうですな。


誰が何と言おうと車中泊です。(キッパリ!)

道の駅・公園等々オートキャンプ禁止の看板が林立する昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?
先代キャリイちゃんでは幌を装着し野営しておりましたがいかんせん夏場がツライ。大荷物を運ぶ際にはワンタッチで脱着できたんですが家に放置して風で飛んで行ったらどうしようと心配もしておりました。現行キャリイちゃんでは軽トラは軽トラらしくをモットーにあーだこーだと試行錯誤を繰り返しております。

道の駅オートキャンプ禁止の背景にはサイドウォーニングを出してスペースを2台分占有し、椅子やテーブルを並べ遅くまでワイワイとウルサイってことが背景にあると思われます。また冷暖房のためエンジンかけっぱなしという人も多数存在してます。
幸いなことに「車中泊禁止!」の看板は見ないのでTPP脱退に揺らぐ米国からこのようなブツを取り寄せました。
DSCN3757.jpg

箱出し~ぃ。
DSCN3762.jpg
オサレなバッグが出てきて。
DSCN3758.jpg
何じゃ?

DSCN3761.jpg
ビーチベッドか?

カチャン・カチャン。
DSCN3759.jpg
テント&コットになりました。付属の雨用フライシートを被せてみましょう。
DSCN3760.jpg
いかにも緊急用シェルターみたい。(本国では軍が緊急用に使用するオレンジ色があったりする。だから前後左右から出入り可能なのね。)

ママりんに「野宿してきまーす。」とまた阿蘇九重方面に向かいます。
修正DSCN3763
小国のスーパーで食料と酒を買って。(ここスーパーの駐車場ね。)黒川温泉へ。

DSCN3764.jpg

DSCN3766.jpg

DSCN3774.jpg

DSCN3775.jpg
風情ある通りを過ぎてやっぱりココ。100円の穴湯。
DSCN3773.jpg
土曜の夜に貸し切り状態。
DSCN3770.jpg
ふにゃ~。あったまるにゃ~。

ホコホコしながら牧ノ戸峠へ。
DSCN3776.jpg
いかんせん寝るだけのスペースしかないため雪の上に立ってホムセン箱をテーブル代わりにおでんとビールを流し込みます。足の裏がキンキンに冷えてまったりお食事なんてことはムリッ!

氷点下の気温を懸念してモンベルのエアーマットを敷きました。(コット本体には5mm厚のクッション材が入ってますが。)
DSCN3778.jpg
空のペットボトルは枕です。流石はモンベル#0のシュラフ、ほわんと暖かくなり記憶プッツリ。

そして午前1時過ぎ、バサバサと大音響で目を覚ましました。
風速10m越えの風が吹いています。今回はテストのため張り綱を持っていません。おしっこに行ったら凧のように飛んで隣の車にぶつかるかも・・・。ここは勇気ある撤退しかあるまい。

幸いなことにフレームはアルミ製、組み立てもビーチベッド並みなんで左手でつかんだまま右手で解体。100mも下れば無風ってどうゆうことよ!結局小国の道の駅でまた設営し、菊正の純米と韓国海苔で寝酒といたしまして目覚めたのは9時過ぎ。

天気予報は午後から雨だったのでケニーズカフェにお昼ご飯を食べに行ったついでに別室で組み立て乾燥させてもらいました。
車から降りずに寝たんで車中泊ですよ。ねっ!

今後の課題は強風下に無人でも荷台から飛んで行かないように対策することとカブちゃんに積載できないかと・・・。
ぢぢぃの妄想は膨らみまする。

プロフィール

Author:酒乱童子
釣りは鮒に始まり鮒に終わる。
バイクはカブに始まりカブに終わる。
より速くの方はここではなくサーキットへ。
より遠くの方のみに絞った内容でコザイマス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR