FC2ブログ

久しぶりにクロスカブで野営

2月9日行きそびれたボイボイキャンプ場へフルセット満載でリベンジしてきたワタクシメでございます。
DSCN6206.jpg
1速にガチャンと入れて「お・重っ!」となりました。
ハイパワーで軽い韓国仕様カブばかり乗っておりましたので感覚を忘れているようです。

定番のR442を走って着きました。
DSCN6209.jpg

DSCN6210.jpg

早速テントを設営。
DSCN6213.jpg

DSCN6215.jpg
上着脱いじゃいました。なぜって?
DSCN6220.jpg
暖かいんだから~♪

DSCN6211.jpg
まったりして

DSCN6221.jpg
とりあえず珈琲。

日が傾き始めます。
DSCN6222.jpg

暗くなれば焚火を前におでんと熱燗。
DSCN6224.jpg

チト寒いな。何度だ?
DSCN6225.jpg
薪グリルに燃料追加。

出来上がってシュラフに入る頃には?
DSCN6227.jpg
この後、一気に氷点下に突入。

そして朝を生存したまま迎えました。
DSCN6228.jpg

太陽が昇ると気温はぐんぐん上昇。
DSCN6229.jpg
ホットサンドとオニオンスープで朝ごはん。この季節、毎度毎度最初はビールのつもりが寒くて飲めず食料BOXに500ml缶が数本積んだままです。帰ってから飲も~っと。

帰宅後、娘より「たった1泊でこんなに荷物いるの?」って聞かれましたが。氷点下晩酌には焚火台が、就寝にはかさばる冬用シュラフがって積んでるとトレーラーが必要なんです。結露で濡れたテントを畳んで収納はできないんでそれもかさばる。
でもやめられまへんな~。






スポンサーサイト

少~しずつ改造してます。

思ったより冷え込まない昨今、牧ノ戸峠極寒車上泊決行を躊躇しているワタクシメでございます。
韓国仕様スーパーカブにやれ電源だの風防だのとやっておりましたが、今回は国内仕様と違うガチガチリアサスを何とかせねばってことでチト散財いたしました。
そもそも国内仕様のカブちゃんには荷物満載で配達等業務をこなすプロ、なんちゃってハンター風のクロス、汎用のスーパーカブ、ラグジュアリーなC125とバリエーションが存在するのでサスもそれなりにモデルにあったものが装着されています。ホンダコリアのHPには若いお兄ちゃんがモデルとなってカジュアルをアピールしていますが1車種のため実用車として長いキャリアとガチガチのリアサスが標準装備。
クロスカブちゃんでは起こりえないボトルホルダーに挿した灰皿がすっ飛ぶのもリアサスのせいかっ?
DSCN6160.jpg
JA44純正も考えてはいたんですがお値段高すぎ、そこでリアサスをクロスと同じ東京堂&yssコラボサスに交換しました。
DSCN6165.jpg
スプリングはブラックが良かったんだけど入荷が桜の散る頃じゃ遅すぎ、仕方なく在庫アリのメッキスプリングにしました。
国内純正がメッキカバーなんであんまり違和感はないでしょ?長さも純正と同じ345mmでよろしい。
DSCN6170.jpg
サスの最上部は微妙にブラウンでこれまたよろし。

交換前、歩道の低~い段差越えでも身構えなきゃならなかったのが、鼻歌交じりに通過できるようになりました。ゼブラゾーンも「アウ・アウ・アワワ。」状態が「コト・コト・コト」になって結構じゃ。

ワタクシメより先に韓国仕様に乗っておられる方はチャイナ製カブの50ccリアサスと交換し高級車のようになったとレポされてましたが、ワタクシメの場合、山あり谷ありの長旅ユーズも考えオイル&窒素ガス併用サスを選択しました。
DSCN6167.jpg
調整も6段階できるので大荷物積載時でも安心。案の定チェーンケースと干渉したんで説明書通りワッシャーを左下に噛ませました。やはりクロスと同じくリアが充実するとフロントサスのガチガチ感が気になり始めちゃって。

ふと気づいたんですが・・・。
DSCN6175.jpg
リアフェンダーがシンメトリーじゃない。プラ製ですからエイヤッと曲げられないんでこのままにしておこう。

フロントスクリーンも気になり始めたら泥沼。
DSCN6177.jpg
取り付けるミラー穴が上下左右対称じゃない上に、汎用品なんで、上から覗き込む度「左にワッシャー噛まして前に出したらどうだろう?また緩めて微調整してみるか?」ってことになります。こんなもんじゃろ?って妥協が最大の取付のコツみたいです。

そして60km/h走行時フロントスプロケット15Tでも若干うるさいので手持ちのリア35Tと交換しちゃおうかと思いましたが、もし気に入らなかったら元に戻す作業が面倒になりそうなのでFスプロケを16Tに交換することにしました。南米密林から部品が届き次第、作業を開始いたします。R442竹原峠を4速で越えられる15Tに未練はありますが1.1馬力余計にパワーのあるエンジンですから平坦路クルージングに重点を移してみるのも一興かと。って言いながら使わないスプロケが溜まっていきます。手裏剣じゃないっちゅ~の!







電子の要塞化への足掛かり

さてさてドライブスプロケを15Tにしてから最高燃費59km/リットルをマークしほくそ笑んでるワタクシメでございます。南米密林より届いたブツで電子の要塞化を始めましょう。クロスカブちゃん同様ツーリングで使用するすべての機器を走行中に充電できるようにせねば遠乗りはできませんから。
DSCN6086.jpg
ライト下のカバーと左レッグシールドを外します。KOREAカブちゃんはレッグシールドが左右分割式なので簡単に外れます。ここで初めて気付いたんですけど韓国仕様はレッグシールドがJA10クロスカブのようにポリバケツみたいなフニャフニャプラスチックではなく他の外装と同じ塗装を施したカチカチのプラ製です。削れたら下地が出ちゃうし、こけたらパリっと割れちゃいます。その反面塗装が簡単なのはメリットかな。
さりげなくafのスクリーンに交換して便利なフツーの前カゴつけちゃいましたよん。

カブ電源取り出しハーネス
※画像はAmazon様からお借りしました。
クロスカブではコネクター類を買って自作しましたが、もうすでに作成済みが販売されているので利用しない手はないじゃろ。

DSCN6087.jpg
取説も付いてるし、接続用ギボシも入ってる親切設計。注意書きには「ボディアースはダメよ!そのままサービスカプラに繋ぎなさいね。」と念押ししてあります。サブライトを増設する場合はリレーを使って電気そのものはバッテリーから頂かねば配線が焼損しかねませんが電熱ベストとスマホ充電だけなんでとりあえずこのままで。

DCステーション+をライコランドへ走って買ってきて早速装着。
DSCN6088.jpg
CBR125Rから外した同じモノもありますが、旧型でUSB給電部が1A、スマホ充電には時間がかかりすぎるんで新型2.1Aにしちゃいました。「雨を考えればボトルホルダーが外でDCステーションが内側の方がいいんじゃね?」とお思いの諸兄も多数おられることと思いますが、外側にボトルホルダーを付けるとアクセル操作時、手に当たっちゃうんです。

DSCN6099.jpg
電熱ベストをシガーソケットに、スマホ充電コードをUSBジャックに挿してみました。ただ、USBは5Vに変換するための内部部品に一抹の不安があります。旧型はすぐにUSB部がお亡くなりになり買い換えています。4000年の歴史のお国製の電子部品は安定性に欠けるようです。本来ならクロスカブちゃんと同じくシガーソケット2口タイプが良かったんですけどパイプ固定マウントが付属していないので別途取付ステーを調達せねばなりません。クロスカブちゃんはモトGPSレーダーの穴付きステーが余ってたんでタイラップで固定できたんですけど、もう本体は製造していないんでデイトナも在庫を持たないでしょう。

左にはコレ。
DSCN6100.jpg
ミノウラのスマホホルダー。写真には白い固定用シリコン輪ゴムが付いてますが、これクロスから持ってきたもの。今回パッケージに同梱されてなかったんです。あと3mmレンチとステム固定パーツも入ってなかった。Amazonとやり取りしても時間だけがかかるんで製造メーカーのミノウラさんへ連絡、「申し訳ございませんでした。すぐお送りします。」って回答。以前も「シリコンゴム切れちゃったんで売ってください。」ってお願いしたら「お送りします。代金は結構ですよ。」の神対応。やっぱ有名メーカーは有名になる要素をお持ちです。

DSCN6090.jpg
パイプハンドル剥き出しのクロスカブちゃんなら気にならないコード類もフルカバーのKOREAカブちゃんでは気になるなぁ。





寒~うてタマランので

通勤快速としてデビューした新2号機、KOREAカブちゃんですが足以外は寒風に晒されて冷え冷え状態。(深夜0時の帰宅タイム頃)
そこでホンダ純正ウインドスクリーンを取り付けました。
DSCN6071.jpg
これで鼻からウエスト(私にそう言われる部分は無い、正確には腹回り。)まで風をシャットアウト!

他の2台が風防付きなんで余計に寒さが身に染みてたのね。
でも問題が・・・。
DSCN6072.jpg
右側はブレーキのリザーバータンクがもっこりとあるんで国内モデルと同様にはいきません。本来左右均等枚数で使用するワッシャを右3枚左1枚と変則的に使ってバランスを取っています。

そして純正のイケナイところがコレ。
DSCN6073.jpg
スクリーンのフレームをミラー穴に固定する底板に内側と後方に強度アップのための壁が立ち上げてある。おかげで後付けのアクセサリー取り付けバーの脚が壁とミラーステーに邪魔され内側を向かない。
※正しくはバラせばバー部分のみ内側に向けることはできるけど壁と棒2本(ミラーとスクリーンフレーム)のせいで電子機器その他を取り付けるスペースが無い。これじゃハンドルの二重奏じゃん。
そして空力確保のためライダー側に傾き過ぎ。んなもん要らんから直立にせんかい!ヘルメットのシールド開けてたらガツンガツンぶつかるじゃん。
DSCN6078.jpg

そこで二段構えにしました。
DSCN6076.jpg
これでなんでも付けられるぞって無駄な投資の虚しさがじわ~ん。

試しにクロスカブちゃんのボトルホルダーを取り付けCRZの灰皿を載せ試験走行したところ二段構えでは震動を増幅し飛び出します。
やっぱ旭精器製にすればよかったかな。交換したら純正はヤフオクで叩き売っちゃる!

あ、言い忘れてましたがKOREAカブちゃんのスプロケットは前14T後37Tとクロスカブと同じです。時速60km辺りがチトうるさい。そこでクロスから外した15Tをフロントに装着。KOREAカブちゃんはJA10クロスカブとスプロケットとチェーンサイズ・コマ数が一緒なんで使い回しが楽で良いなあ。
フロントスクリーンをもう1個買うとなると金欠のためグリップヒーターは来年になりますかな。でもAmazonで購入した2100円のハンドルカバーが良い出来なんで何とかなるじゃろ。






おぢさんちから前傾姿勢のバイクが消えてつらつら思ふに・・・。

昨年クリスマスと共に我が家から去っていった(資金難で手放したが正解)CBR125Rを最後に我が家から前傾姿勢のバイクが消えました。
Good by CBR125R
※バイク王での最後の写真
ブン回しても40km/Lを割らない小食、自宅からR3~R2を走れば兵庫県境を越えてから給油すればいい13Lのタンク、いいことづくめでしたが荷物が乗らないことと前傾姿勢がツラかった。
本来なら南国タイで生まれヨーロッパの石畳を走るはずが極東の島国に送られ、挙句の果てに中高年のおっさんに酷使されるとは思わなかったでしょう。英語・フランス語・スペイン語・?語の分厚い2冊のライダーズマニュアルが付属していたのが意味ないじゃん状態。

DSCN0122.jpg
このマシンの北上限界は広島県尾道市まで、四国は制したものの我が家のマシンで唯一最北端宗谷岬の地を踏まぬまま最後を迎えていまいました。28373km無事故・無違反・無転倒ご苦労様!酒乱童子御用達第弐号機解任にあたり感謝の意を表します。

2011年夏より我が家には純国産バイクがありません。バイクで世界をリードする我が国ですがBMWは置いといてもカブちゃん2台が中華・タイランドとは。YAMAHA R-1の時みたいに車体生産は日本で北米から逆輸入だけど部品は静岡から送られてくるってのが理想なんですけど。
プロフィール

酒乱童子

Author:酒乱童子
釣りは鮒に始まり鮒に終わる。
バイクはカブに始まりカブに終わる。
より速くの方はここではなくサーキットへ。
より遠くの方のみに絞った内容でコザイマス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR