緑が眩しい耳納連山

昨日「良い天気にじっとしているのはモッタイナイ。」ってことでカブちゃんのトップケースにイワタニのジュニアバーナーと椅子&テーブルをぶっこみ近所のドラッグストアでカップ麺を購入し東へ向かいました。
DSCN4299.jpg
旧八女郡星野村と浮羽町の境を左に折れ耳納スカイラインを走ります。

DSCN4300.jpg
リアタイヤの溝にスリップサインが露出しているカブちゃんですがドライコンディションなら何とでもなるっしょ?

途中でこの看板。
DSCN4302.jpg
せっかくなので登山しました。(徒歩で50mほど)

あっという間に山頂到着。
DSCN4303.jpg
標高802mもあるの~!

眼下に広がるガスった筑後平野。(北方)
DSCN4304.jpg

ワタクシメのお家方面は?
DSCN4301.jpg
春霞で何が何だか。

この高取山、地所は八女市星野村ですが山頂に向かって旧浮羽郡田主丸町・吉井町・浮羽町が尖がって伸びてきています。市町村合併前ならあっという間に1村3町走破可能だったんです。(今は3市)

下山し(しつこいようだけど徒歩50mね。)久留米市高良山方面へ向かいます。
途中の駐車場でお昼ご飯。中途半端に残ったカセットガスを使い切る作戦です。
DSCN4308.jpg

正午を過ぎ気温が高くなりボンベの内圧が上がってあっという間にお湯が沸いちゃいます。もうお昼にカップ麺で暖をとる季節ではありませんので汗を流しながらの昼食です。じゃ冬場に行きたいところですがおそらくこのガス量ではお湯が沸かないと思われます。夏場ならあと5回はイケるぜ。(修行かっ!て~の)



スポンサーサイト

ホッカイダーキャンプ大会に参加

4月29日~30日阿蘇高森町ケニーズカフェで行われたホッカイダーキャンプ大会に参加してきました。
キャンプアイテム積載の都合上、マシンはカブちゃん一択しかなくケニーズカフェまで自宅前の案内板どおりに出発。
Hy1j2lkKwkGyOlaa0noK1w_r.jpg

早めに到着したつもりがすでに数名の方が到着しておりました。テントサイトにスペースを確保し高床式住居を設置。
DSCN4266.jpg

DSCN4269.jpg
好天続きなのでミニタープで前室確保。

DSCN4270.jpg
集合写真撮った後はただ飲むのみ。

手持ちのビールが少なくなったのでユリちゃんに買い出しをお願いし、また飲む。
DSCN4275.jpg
暗くなったら火を囲みまた飲む。

じゃんけん大会(恒例らしい)でことごとく敗退し、日本酒にスイッチし爆睡。夜中にフクロウの声、明け方にキツツキのドラミングで目覚め、夕方から仕事のためそそくさと撤収開始。
DSCN4284.jpg

ホントはこの日に行われるカブ千里に参加したかったんですけど宮仕えの宿命には逆らえません。5月末からホッカイダーのため連続休暇を取得するためにはGWなどと世間の皆様と同じようにお休みできぬ運命、しかも今期のホッカイダーはおカミさんタンデムのおまけつき。ゆえに何度も行ったとはいえ定番コースのトレースが決定しております。

帰宅後ちょっとお昼寝して地獄の夜勤へ出発。翌朝帰って惰眠を貪っておりましたら・・・。
DSCN4286.jpg
365日ホッカイダーのコヤツが苫小牧から来ておりました。

2日間の連続夜勤をこなしてヘロヘロのワタクシメですが孫っちが相手となりますと眠気はどこかへ消えちゃいます。
DSCN4287.jpg
おぢいちゃん顔真っ黒!

春に無駄になった物と無駄だと思っていたら案外・・・。

地獄の夜勤明けで南米密林より届いた品をテストにまた瀬の本高原へカブちゃんで向かいました。
鯛生金山のシャクナゲがキレイ。
DSCN4248.jpg

今回もキャンプ場はワタクシメ一人っきり。では早速本日の課題です。
DSCN4249.jpg
左からドッペルギャンガータープポール直径17ミリ3本継ぎ全長1.7mスチール製、4000年の歴史の国製直径25ミリ4本継ぎ全長2.4mアルミ製、今回ゲットしたコールマンのタープ付属ポール直径24ミリ6本継ぎ全長2.2mスチール製です。コールマンのタープにはどれがベストマッチか調査を開始。ドッペルギャンガーはカブちゃんのケースに収まるものの強風時曲がりそう、コールマン純正は短く収納できランタンフックも付いているので便利そうですがいかんせん重い、そして継ぎ目が多いためグラグラします。結果かの国製を3節だけ使用しタープを張るのが一番という結果になりました。付属のペグとハンマーはプラ製でしたので未使用のままお蔵入り、スノーピークの30cmスチール製を使用しました。
(子供のころ運動会テント設営に使っていた物みたいなごっついやつです。)
じゃ~ん。
DSCN4250.jpg

DSCN4252.jpg
これで雨の日も高床式住居とタープのおかげで濡れずに撤収、最後にずぶ濡れタープセットのみをコメリ箱上にネットで固定して出発が可能となりました。

ではお隣のホテルの立ち寄り湯で温まった後、夕暮れの阿蘇を見ながらキリリと冷えたビールをいただきましょう。
DSCN4256.jpg
これから段々オレンジ色に変化していくんですよ。ここからが重要!テストにでるかも?設営時Tシャツ一枚でも暑かった気温が日没後一気に急降下、おそらく一桁になったと思われます。手がかじかんでお箸が持てなかったんですもん。まだシュラフは春・秋用にしときませう。

今夜のおつまみは小国産厚揚げと生あげ。フライパン忘れたもんだから網焼きに。
パチパチと油が飛び散ってさあ大変、でも生姜醤油でうましっ!純米酒もきこしめしたら爆睡タイム、そのまま朝を迎えました。
DSCN4257.jpg
今朝は朝練暴走族の騒音もなくキツツキのドラミングで目覚め、AGFの鮭がゆとお味噌汁で朝餉とし、風があったんで夜露攻撃を受けていない諸々をゆっくり撤収・パッキングしました。地中深く刺さったペグを抜くとき治りかけていた腰がグキッ!痛みと反比例して撤収ペースが遅くなりました。
しか~し!今日は火曜日、定例会に出席をと固まった姿勢のままケニーズカフェへ。
DSCN4258.jpg
出席率66.6%。

二段お重はメインスタンドでしか駐輪できないため涙がポロリと出そうなワタクシメでした。
帰宅後、整形外科で痛み止めの注射を打って使えないアイテムをコメリ箱から出していつでもお泊りができるよう積荷を厳選しました。間違って買っちゃった赤いアルミポールは十分に使えたし、ドッペルギャンガーのポールは常備しておけば小さなビニールシートでもタープの代用ができちゃいます。またお値段も安いんで曲がったら曲がったで・・・。

で、今月無駄になり後悔しているもの。
DSCN4259.jpg
上に載ってるツールボックス。

DSCN4260.jpg
赤いハンドルの付け根が上蓋に貫通して取り付けてあるため内部に雨漏りします。

そしてコレ。
DSCN4261.jpg
デイトナ製クロスカブ専用サイドバッグサポート。ノーマルキャリアの幅で使うのならイケますが業務用ワイドキャリアでは役に立ちませんでした。ご入用の方は半額でお譲りします。ただし今の中華製カブシリーズにしか使えませんけど。
以上、腰痛と貧乏に喘ぐ酒乱童子が現場からお伝えしました。

今年初めての瀬の本キャンプ

昨日から堅気の衆のように土日がお休みとなり二段お重のカブちゃんをスタンバイ。
修正DSCN4225
左側のサイドバックが傾いているのはお水が3リットルほど入っているからです。

早めに出たんでここで昼ご飯。
修正DSCN4227

珈琲まで愉しんでやまなみハイウェイで瀬の本へ向かいます。
キャンプ場受付でいつもの会話。「今日は何組?」「お客様だけです。」「じゃ好きなとこに張りますね。」阿蘇五岳を望む定位置に設営開始。
DSCN4228.jpg

上の食料・お酒BOXを降ろして。
DSCN4229.jpg

今回も目的は新兵器のテスト。これを使います。
DSCN4231.jpg
コッテン付属の自在ロープとアルミペグ。(このペグ結構良い。)

テントをあらかた設営した後、あ・雨~ぇ。
DSCN4233.jpg

新兵器の屋根にも。
DSCN4234.jpg

小降りになって全体像を撮影。
DSCN4236.jpg
ロゴスの骨入りミニタープで前室のない高床式住居にちょびっとお屋根を追加。

しかしこの空じゃ明日はどうなることやら。
DSCN4235.jpg

暗くなって後ろから撮影し撥水効果を確認。う~む、新品は良いね。
DSCN4239.jpg

雨が止まねばやることはただ一つ。
DSCN4243.jpg
絹ごしを使った厚揚げをプリムスのトースターで焙り、カツオだし醤油をぶっかけ、ハフハフしながら常温の樽酒で流し込む。甘露!甘露!

去年買っておいたマルタイ棒ラーメン鹿児島版も作っちゃいます。
DSCN4244.jpg

お食事のあとシュラフに潜り込んで LEDライトを照らして小説読んで朝が来ました。
DSCN4245.jpg
今回コメリ箱テーブルを卒業しアルミフォールディングテーブルも戦列デビューさせております。焼けたクッカーが置ける。なんて便利なんだ。

お湯を沸かして珈琲をと思ったら”ぺ~ン””パンパンパン”朝練と正当化した表現を使う暴走族が行ったり来たり。コンマ1秒縮めたかったらサーキットでやらんかい。ハイスピードで通り過ぎるハイグリップタイヤでフェンダーレスのそこのおやぢ!飛ばした小石がジョギングやウォーキングを楽しむ他人様に当たったらど~すんじゃボケ!そんなにフェンダーレスがいいならクルマもF1カーみたいにタイヤ4本むき出しで走らんかい!まだ朝6時だぞ!おぢいちゃん激怒!ぷんぷん!あ!キレてないっすよ。

騒々しい中で朝ごはんを食べR442で小国~鯛生金山経由で帰宅。金山の駐車場もバイクだらけ。リプレイスマフラー御一行様がいなくなったらおじちゃん・おばちゃん達が「やっと静かになった。今度は瀬の本ばい。メ~ワクなこったいね。」当然の感想をお漏らしになりました。ごるぁ!自分で自分の首を絞めとる場合か!ワタクシメに「晩秋の瀬の本は静かでヨカッタなぁ~。」と静かな朝を回顧させるんじゃない!キ・キレてないっすよ。

小さいながらもタープを導入したおかげで雨の中でもなんとか過ごせました。横殴りの雨ではちとムリか?長い野宿旅を考えますと濡れたテント等をそのままブチ込んでスタートできるBOXの三段目が必要ですかな?

また提灯の時代へ逆戻り

先般LEDヘッドライト化したカブちゃん。電力消費はいかがなものかと実験をしてみました。
キーオンでグリップヒーター・サブライト・電熱ちゃんちゃんこを同時に作動。結果グリップヒーターのLEDが点滅、「ごるぁ!バッテリーの消費限界こえてるぢゃまいか!」と激しく返したので本田宗一郎氏の設計ポリシーどおりに交流発電機による前照灯に戻しました。でもバルブはRTとほぼ同じ3700Kに換装。
DSCN4221.jpg
留萌のイエローハットでH7を2個セット2240円で買ったのに博多区半道橋ではHS1を1個で5000円超えた。二輪車専用だから薄利多売はできないのね。あ~あ。

DSCN4222.jpg
ついでに右逆ねじミラーが20%引きだったんで左右1セット購入しました。オフロードチックな丸い鏡面、根元からボールジョイントで折れるやつです。バイク本体は正ねじの穴が左右に開いており、ヤマハ車みたいにスペーサーから上は右が逆、左が正と思い込んでいたワタクシメ。「入らない?どっちも逆ネジじゃん!」でライコランドにアダプターを買いに走るハメになりました。お店の人に事情を話したら「左は人や物にぶつかっても根元が正ねじで回りますからコストの関係上、左右同じパーツなんでしょうね。」だって・・・う~む。
そんなこんなで装着後、鏡面は小さくなりましたが見える範囲は拡大しました。ただしホッカイダー陸送計画ではバックミラーへのロープ固定がトラック輸送の定番なんで「ミラーにロープかけたらポッキリ曲がりまっせ!」と毎回デポで言わなきゃならない。
(ライト周りのガードフレーム使ってちょ!)

消費電力35W・明るさ感60W!とパッケージに書いてある肝心のライトはLEDヘッドライトバルブと比べてどうよ?
結果は提灯みたいな明るさに逆戻り・・・し~ん。近づいてこの程度の明るさでは中高年の夜間走行には厳しいでしょうな。
DSCN4224.jpg
イエローサブライトの常時点灯化とグレア防止策を本格的に考え始めねばなりませぬ。昨夜簡易的に雨どいパイプのジョイントを使って実験した結果ではメス側ちと大きい、オス側ほんの少し小さいでした。おそらく雨どいパイプ本体ならしっくりくるんじゃないでしょうか。実験は暗くなっておこなうためノーマルマフラーのカブちゃんはご近所に違和感無しなのが助かります。(配達の人っぽくて)



プロフィール

酒乱童子

Author:酒乱童子
釣りは鮒に始まり鮒に終わる。
バイクはカブに始まりカブに終わる。
より速くの方はここではなくサーキットへ。
より遠くの方のみに絞った内容でコザイマス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR