FC2ブログ

トレーラーがあっても積めるかな?

熱燗が五臓六腑にしみる晩秋~厳冬期キャンプを心待ちにしているワタクシメでゴザイマス。テントの前室でチマチマとガス暖房機を駆使してフライシートと地面の隙間からの冷気と闘い、トレーラーを駆使すれば焚火台と薪が積載可能なので焚火にスイッチし・・・。この手っ取り早く暖を取る焚火ちゅうのがイケナイ!チロチロ燃やしてちゃ氷点下では凍えてしまうし、暖かさを求めて派手に燃やせば火の粉が四方八方に飛びまくりいろんな物が穴だらけ。薪の大量消費は必須だし、そもそも肝心のテント内は暖房できず氷点下のまま。
mega_horn_306L.jpg
※画像はアウトドアベース犬山様より拝借。
これポチっちゃいました。スカートがあるんで冷気の侵入がない。しかも煙突穴まで開いておる。

それならばと
e-tradeltd_18121811_3.jpg
コヤツもポチっとな。※画像はe-TRADE SERVICE様から拝借。

そしてこうなる予定。
mega_horn_chimney10.jpg
※この画像もアウトドアベース犬山様より拝借。
これでテント内暖房は完璧!薪も節約可能。ユーザーレポートによるとテント内では上着無しで過ごせるとか。ぢゃがストーブ運搬でトレーラーのコメリ箱大1個使ってしまう。床は地面なんでコットも積まなきゃ。こりゃフロントキャリアにシュラフを移動せねばなりますまい。積雪すればキャリイちゃんに積むんで問題は無しでやんすが、キャンプ場で払う料金が2野口ほど上がってしまうんでイタイ。

冬の人体煙突からの煙用にまたコヤツも。
DSCN6949.jpg
大きめのビリヤードパイプにバルカンソブラニーって幻のパイプタバコ。ちょこっとお試ししてみたらウマすぎて無くなりかけてます。幻はケムリとなりて・・・イカンいつものパイプタバコの倍のお値段なんぢゃった。

☆ワタクシメの好むパイプタバコはラタキアって葉っぱが入ったイングリッシュ・ミクスチャやバルカンブレンドと呼ばれる正露丸っぽい香りのするものです。ウイスキーで例えればラフロイグやアードベックっぽい匂い。厳冬期、下痢止めの香りが漂う煙突テントがあればその中にワタクシメがおります。




スポンサーサイト



最強のキャンプアイテム?

ユーミンが「台風が行く頃は涼しくなる♪」って歌ってたけどウソじゃん!と温暖化を嘆くワタクシメでゴザイマス。
野営で一服は付き物、今までスクーデリア・フェラーリのスポンサー銘柄を耳から煙が出る勢いで吸っていたんですが吸い殻のゴミは出るわ、あっという間に終わっちまうわ、インパクトは無いわでパイプタバコに切り替えました。(戻ったという表現が正しいか?)
”女に理解してもらえない男の嗜むモノはいつも綺麗に”なんでしょうが持ってるパイプはマウスピースが日光にやられピアノブラックが茶色く変色。早速1500番の耐水ペーパーでシコシコ研磨しました。しか~し!本格的にパイプタバコを楽しむには本数が足りませぬ。できれば一度吸ったパイプは乾燥させるため24時間休ませてあげたい。手持ちは4本、そのうちの2本はショートスモーキング用で小っちゃい。買い増しぢゃ!ご近所でパイプを扱ってたタバコ屋さんはワインバーになっちまうわ、西鉄久留米駅の喫煙具屋さんはワタクシメに断りもなく閉店しちまってるわでさあ大変。こうなりゃ福岡まで遠征するっきゃない。
ググった結果、城南区のエピキュリアンへ韓国カブちゃんに乗って東背振トンネルを抜け行ってきました。
DSCN6933.jpg
悩んで末に買ったのはPeterson System Standard304。
これは底が真っ平なんでどこでも勃つもとい立つ。パイプをやってる人ならわかる喫煙中の唾やら水分でパイプの中にで「じゅるじゅる音」を立てるジュースを独自のシステムで別室に閉じ込めちゃう。店長おススメのラタキア系の葉っぱも買って帰りました。

翌日、「あっ!ステムポリッシュ買い忘れた。」で、今度はBMWで山越え。通行料がカブちゃん30円なのにBMWは250円なんで旧道をチンタラ峠越え。ちなみにステムポリッシュって黒いマウスピース部分を磨くコンパウンドです。在庫切れだったんで大きめのポーチと葉っぱ買って帰るつもりが・・・。
DSCN6930.jpg
原木の表面を生かしたラフトップのパイプがワタクシメに「連れてって。」ってモーションかけるもんだから・・・。
DSCN6941.jpg
このありさま。

バイク同様パイプにもブレークインが必要なんでとっかえひっかえプカプカやってます。
うまし!




ヤドカリスタイルで高原へ

炎天下の活動が億劫になってきたワタクシメでゴザイマス。
昨日の朝、仕事から戻り「さぞ高原は涼しかろう。」と野営を思い立つも、「この季節の土日ではキャンプ場が住宅団地状態だろうな。」と車上泊に決定。キャリイちゃんにヤドカリ装備を載せます。自宅の日影がこの状態。
DSCN6901.jpg
日付と時間はまだセットしていませんのでお正月のまま。汗が流れるぜぃ。

カブちゃんと違ってエアコンあるんで移動は快適なんですが走りに感動はありません。
DSCN6905.jpg
小国で食料と酒を仕入れて久住の温泉からの瀬の本高原。

到着時の気温は?
DSCN6907.jpg
そりゃ涼しいわな。(なにげにカレンダーセット済み)

ワタクシメの定宿、ボイボイキャンプ場もテントが立ち並んでたし、瀬の本キャンプ場も芋の子を洗う状態。瀬の本は比較的キャンプビギナーが多いので嫌な予感。やはりテンションアゲアゲで遅くまで騒ぐ子供たちがウルサイ。

ビール流し込んで寝たら寒くってモンベル#4のシュラフに潜り込みました。丑三つ時は18度くらいか?

日曜日の早朝、非常識の権化「爆音大バカ者ライダー」が寝静まるキャンパーに迷惑をかけ始めます。大分県警と熊本県警はココで土日祝の早朝ネズミ捕りしたら、楽に取締り目標を達成できるでしょうな。暗いうちからリプレイスマフラーの音でご近所に迷惑をかけて、やまなみハイウェイをサーキットよろしく大音量でって?市街地にある22:00~5:00まで125cc以上の二輪車通行禁止規制をいずれ適用されるのは目に見えとる。早朝に許されるバイクの音は新聞屋さんと牛乳屋さんのカブだけじゃ!おかげで寝不足じゃないか!

それはさておき日の出時の温度。
DSCN6908.jpg

朝ごはん食べて装備乾燥中。
DSCN6909.jpg
網戸閉めて寝ときゃ震えなくて済んだかな?






梅雨でも徘徊しております。

梅雨の晴れ間を利用してお出かけしたり、雨にわざわざカッパのテストなんかして徘徊しているワタクシメでゴザイマス。
とりあえずカッパのテストで本降りの鯛生金山へ。ゴム長にカッパ付属のスパッツつけて走りました。
DSCN6880.jpg
下からゴム長↑スパッツ↑カッパの秘密装備。
秘密装備って大げさすぎましたが、仕組みは裾の内側に三角形の生地がありベルクロテープで太腿に巻き付けズボンの代用にしちゃうってことです。
修正DSCN6882
七分丈のズボンみたいになります。ロングコートタイプですがお腹の下にはファスナーが無くボタンのみ、侵入してきた雨水を腿に巻き付けた三角巾でガードって寸法です。
結果は漏れなし。ただし信号停車時レインコートの裾が上がってノーガードの膝上部分が露出せぬよう注意が必要です。

春日市のアルペンアウトドアーズフラッグシップストアにも野宿グッズを物色に。
DSCN6883.jpg
コットン混紡素材のスカート付きワンポールテントに薪ストーブを入れてヌクヌクと酒飲みながら一酸化炭素中毒死夜を過ごす計画も収納サイズが大きすぎてカブじゃ無理。

DSCN6884.jpg
ツールームもでかすぎて×。

DSCN6886.jpg
欲しい物がたくさんあったけど買えるものは・・・。見るだけでした。

で一昨日、朝仕事から帰り天気予報見ると明日まで天気が良い。トレーラー引っ張り出して大きなクーラーバッグにキリンクラシックラガー・サッポロクラシック・同夏の爽快を詰め込んで久住へ出発。小国のスーパーで「こてっちゃん」買うつもりが品切れ、仕方なく妙に赤い味付けホルモンを購入。味が濃そうなのでもやしも追加で購入。

DSCN6888.jpg
ライダーさんいました。このVスト250氏は佐賀から。

DSCN6889.jpg
お~っ!このテントは以前使っていたコールマンツーリングドームではないか!

DSCN6890.jpg
トレーラー分離、テント設営、晩酌の準備を終えて温泉へGo!
DSCN6891.jpg
ぬ・ぬるいじゃん。お湯が澄み切っているトコ見ると掃除直後か?温泉の吐出口からは熱いお湯が出てるんですけど適温までは小一時間くらいかかりそう。ここはボディウォッシュと割り切るしかないか。

テントに戻って
DSCN6893.jpg
ホルモンを炒めて・・・赤~い。

キンキンのコヤツを。
DSCN6894.jpg
う・旨い。んで夜勤明けの疲労から爆睡。

おキツネ様・おタヌキ様来訪に備えゴミはこのように。
DSCN6896.jpg

DSCN6895.jpg
ココは傾斜地、厳冬期は薪でタイヤ止めするんですけど今回は落ちてたペグをタイヤの後ろに立てて代用。

夜は涼しかったんですけど陽が昇ると灼熱地獄。汗だくで撤収します。
DSCN6898.jpg
定宿ボイボイキャンプ場にはゴミ箱がありませんのでゴミや残飯は当然持ち帰りです。

次回はまだ体験していない雨降りに出発、雨降りにテント設営、雨の中で野営、雨降りに撤収をお稽古せねば。

模索中のカブ&トレーラーで厳冬期ヌクヌクキャンプは、SOTOさんに炎が上がらない・火の粉が飛ばない、そしてストームブレイカーのシステムが使えるコンパクトヒーターを開発してもらえば一発解決なんですが。
現状は大荷物覚悟で焚火するか、イワタニジュニアバーナーに遮熱版を装着し、コールマンのヒーターアタッチメントをのせてテント前室で股火鉢+KOVEA“FIRE BALL”コンパクトガスヒーターの二択。
「外は氷点下だけどテント内が暖かくて半袖になっちゃいました。」ってレビュー見るたびに、殆どの不便はお金で解決できるってワタクシメには一番難しい事実を痛感しております。












雨の日を快適に

北海道ツーリングから帰ってStop&Goの多すぎる地元で相変わらずカブちゃんを走らせているワタクシメでゴザイマス。
九州北部も梅雨らしくなり、ワイズギヤのレインスーツYAR18(3レイヤー・デブ用)で土砂降りの斜里町から釧路まで走って痛感した点を踏まえ雨具を変更することとしました。

その前に現状を把握せませう。
YAR18の良い点
①さすがお高いだけあって蒸れずに水漏れなし。 
②袖・首の二重防水は完璧。
③デザインカッコイイ。
④デブ用がラインナップされてる。

YAR18の悪い点
①お腹に水が溜まらないように上着の前が短い。
②そのおかげで冬用ジャケットを四苦八苦してズボンに入れなきゃダメ。
③冬と北海道ツーを考えればデブじゃなくてもデブ用が必要。
④通勤ライダーも①~③により冬は大変。
以上のことからワイズギアさん、冬の雨やみぞれの日に長めのジャケット着てバイクに乗る酔狂な野郎のことを考えていないんじゃないのか?と思えます。ライダー全員が春夏秋冬、晴れでも雨でもショート丈の上着で乗ってるんじゃないんですよ。
※ワイズギアのページでこのタイプが在庫限りになってるんでそのことに気が付いてモデルチェンジかな?

で、今回の雨具変更ですが事前にワークマンでも物色しております。耐水圧20000mmのライダー用カッパがお安く売られていましたが生地が固い。透湿度はライディングしてりゃ座っているだけなんで2,000g/㎡/24hでイケるでしょう。

RTで高速を走っていれば完璧なプロテクションで小雨程度ならカッパいらないんですが、問題は2台のカブちゃん。今回の斜里町ウトロ温泉では出発時から雨が降っており、寒かったんでカッパを着ること自体は苦ではありませんでしたが、夏の九州なら暑くてムシムシしてるし、降り始めてから着ようかな?って考え、一気に土砂降りからのズブ濡れってパターンよくあります。ライダーあるある「カッパを着ると雨が止み、脱ぐと降り出す。」のとおりです。

途中で雨が降れば道の駅なりコンビニなり、屋根のあるとこでブーツを脱ぎ、カッパのズボンを履いて、またブーツ履いてブーツカバー着けて、上着をと面倒です。雨が降り出して都合よく屋根付きの場所があるとは思えませんし・・・。
 
諸々を考慮し、カブちゃんのカッパは今回コレ。
DSCN6875.jpg
小雨なら上だけ、道端に止まってサッと羽織れます。本降りになればスパッツを装着パターンで。それでもおマタが濡れるようならカッパのズボンを履けばヨロシ。ブーツカバーはあくまで緊急用、ワタクシメのバイクは全てゴム長靴積めますから。

DSCN6878.jpg
この紋別のホーマックで買ったゴム手袋もお蔵入り。手を濡らさないって土砂降りではムリ、脱着時に水滴が裏地の繊維部分に浸透して確実に濡れます。

そこで濡れても冷えないネオプレーン素材に変更。
DSCN6872.jpg
カビが生えても目立たないデザイン?同じ素材のデイトナ製も持ってるんですがリスト部にベルクロバンドがないんで濡れたら脱着がタイヘン。

このコートタイプのカッパはスクーターとカブ系にしか使えませんが、ズボン付きカッパの装着を躊躇して濡れるよりはるかにマシ。カッパ買って保管し、ロングツーリングで初おろしじゃあまりにも愚かなので、ちょこっと走ってきます。「もっと降らないかなぁ~。」と不埒なこと願って・・・。いつもと逆ぢゃ!
プロフィール

酒乱童子

Author:酒乱童子
釣りは鮒に始まり鮒に終わる。
バイクはカブに始まりカブに終わる。
より速くの方はここではなくサーキットへ。
より遠くの方のみに絞った内容でコザイマス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR